HOME>土佐打刃物とは

土佐打刃物とは

400年の歴史を持つ日本有数の刃物の産地

日本三大刃物の一つであり、その歴史は400年にも及ぶ土佐の伝統工芸です。
土佐打刃物の製造方法は、日本刀を作る技術から生まれました。形状や重さの異なる注文を受けても、原寸と形のみの注文書で製造ができるので「土佐の自由鍛造」と言われています。
少量多品種製造が可能で、使い手の要望に細やかに応えられるため、全国各地から高い評価を得ています。

土佐刃物は農具や工具もございますが、迫田刃物が拠点とする須崎市は料理包丁が主となっています。
切れ味と耐久性の高さからプロからの評価も大変高く愛用者が多くいらっしゃいます。