刃渡り18cmの和食調理用の片刃包丁です。「刺身包丁」とも言い、柳の葉の形に似ていることからこの名前がついたようです。
 魚の皮を引いたり、刺身をきれいに切るために昔から使われてきました。
 魚の皮を引くためには皮に刃が入ってちぎれないよう、片刃である必要があります。
 刺身を切る時は、魚の身幅よりも長い包丁で、大きく(長く)一気に引き切りすることで、身が痛まず角が立った(切り口が鋭角になっている)美味しい刺身となります。

柳刃包丁(刺身包丁)18cm【青鋼】

¥33,000価格
  • ■用途:刺身を引く・魚をおろす 等
    ■包丁の種類:片刃包丁
    ■サイズ:刃渡り約18cm
    ■地金:軟鉄
    ■鋼:青鋼(青紙2号)
    ■柄:胡桃(くるみ)
    ■銘:淑晴作